神の乳母【1話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

無料立読みはコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~
タップすると無料立読みできるよ♪

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【1話】あらすじ

1話.「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

若く、美しい主婦・杉山百合恵(29歳)は、優しい夫と息子に囲まれ幸せな日々を過ごしていた。

ある日、同じマンションに住んでいる神守さんの家でベビーシッターのバイトを募集している事を知った百合恵は、少しでも家計の足しになればと夫に相談し、引き受けてみることにする。

夫に相談した翌日、さっそく神守さんの家を訪ねる百合恵。

ピンポーン!

「ごめんください704の杉山ですが」

するとガチャっとドアが少しだけ開き、その隙間から神守さんが覗いてくる。

「どなた?」

神守さんの異様な雰囲気に圧倒され、ぎこちない笑顔で

「あ…あのベビーシッター募集の件で…」

百合恵がそういうと、

「あら‥よくいらっしゃいましたわ。お入りになって」

そう言って、百合恵を家の中へ案内する。

喪服姿の神守さんの事が気になりながらも、ベビーシッターの件について話を進める百合恵。

百合恵の事が気に入った神守さんは、

「是非お願いしたいわ。今日からでもよろしいかしら」

と今日からベビーシッターをお願いすることに。

しかし、百合恵を待っていたのは、人間ではない…悍ましい姿をした異形の赤子だった…

神の乳母【1話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【1話】感想

赤ちゃんが大好きな百合恵。

可愛い赤ちゃんのお世話なら…と引き受けたベビーシッターのバイトでしたが、

行ってびっくり、まさかの人間じゃない異形の赤子。

その悍ましい姿に、吐き気がするほどの嫌悪感を抱く百合恵。

そんな異形と2人きりにさせられ、迫られてしまいます。

謎のハーブティーを飲まされ、体が動かない百合恵は異形にされるがまま…

この後、百合恵はどうなってしまうのでしょうかね。

もうきっとこの異形に無茶苦茶にされるでしょうw

神の乳母【1話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用