神の乳母【2話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

【2話】はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~【2話】

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【2話】あらすじ

2話.「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

神守さんが出かけてしまい、異形と二人きりになってしまった百合恵。

体が動かない百合恵はもう異形にされるがまま。

恐怖から逃れようと必死で抵抗する百合恵だが、体は思うように動かず、そのまま畳に寝転んでしまった。

しかし、百合恵もまだ必死で抵抗しようと、乳房に吸い付いて離れない異形を引き離そうとする。

異形を引き離そうとしたその時、百合恵は見てはいけないモノを見てしまう…

異形の下腹部から太いへその緒のようなものが生えており、そのへその緒がピクピクと動き始めていたのだ。

本能的に悍ましさを感じた百合恵は、最後の力を振り絞り必死で抵抗するが、次の瞬間、百合恵の恐れていてことが現実となる。

異形の太いへその緒は勃起するかのように伸び、百合恵の下腹部へと迫ってきた。

「やっ!やだ!!いやっ!やめて!!」

と必死で声を上げるが、異形のへその緒は百合恵のアソコに到達し、パンツの中へと潜り込んでいった…

「ひっ…いやっ……!!」

神の乳母【2話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【2話】感想

早くも異形に犯されてしまいましたね。

異形の太い触手でアソコを弄りまわされ、何度も何度も絶頂しまくってます。

どうやら、異形の触手は体液を啜るためにあるようで、膣内に潜り込んだ触手は人妻から溢れる体液を飲み干しているようです。

その異形の触手の先端で子宮口を舐められ、ものすごい声を上げなら絶頂している人妻の姿はやばいぐらい興奮します。

結局、神守さんが帰ってくるまでずっと、異形の触手で膣内を弄りまわされた人妻はもう完全に憔悴しきってました。

これで帰れる…と思った人妻でしたが、悪夢は始まったばかり。

この後の展開が楽しみです!

神の乳母【2話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用