神の乳母【4話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

【4話】はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~【4話】

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【4話】あらすじ

4話.「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻

異形に毎日めちゃくちゃに侵され「もうイヤ…」と思いながらも、逃げ出すことができず今日も異形の元へ通う百合恵。

毎日百合恵の体液を啜っている異形の体は日に日に大きくなり、動きもより力強く活発になってくる。

昼間の百合恵はもはや、異形のための餌でしかなかった。

それでも家に帰れば、いつもどおりの母の姿に戻っていたので家庭は円満だった。

ある日の深夜、夫と寝室で眠る百合恵の耳に、聴き慣れた音が上の階から聞こえてくる。

ズリ…ズリ‥ズチュ…

それは異形が這う音だった。

その音を聞いて百合恵は、

(あの子のはう音が聞こえてくる…私を呼んでいるの?)

(ダメよ…今の私はあなたの餌なんかじゃないんだから…)

と心の中で異形につぶやき、眠りへと落ちていった。

数時間後、なにかの気配を感じ目を覚ます百合恵。

子供だと思った百合恵は、

「ん‥ユウくん?寝られないの?」

と起き上がりあたりを見回す。

すると、閉まっていたはずの窓が空いていることに気づく。

窓に近づき窓を閉めようとした瞬間、窓にべったりしがみつく異形の姿が…

神の乳母【4話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【4話】感想

百合恵を探し、家にまで侵入してきた異形。

恐怖で固まる百合恵の股間にズリズリと這い寄ってきて、触手で百合恵のアソコをチュルチュル吸い始めます。

夫が隣で眠っているので、早く終わらせて欲しいのに焦らしてくる異形。

異形の焦らしに耐え切れなくなった百合恵は、異形に屈服し自ら「もっと気持ちよくしてください…」とお願いしてしまいます。

それを待っていたかのように、いきなり激しく攻め立てる異形。

夫にバレたくないと必死で声を我慢しながら、感じまくっている百合恵の姿はかなりエロいです。

神の乳母【4話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用