神の乳母【5話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

【5話】はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~【5話】

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【5話】あらすじ

5話.「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

夫の隣で異形に侵されてからも、異形の元へ通い続ける百合恵。

百合恵の体液を啜り続けた異形はさらいに成長し、今ではまるで人間のような見た目になっていた。

そのせいもあってから、始めの頃に抱いていた異形に対する恐怖感はなくなり、それどころか愛おしさを覚えるようにまでなっていた。

百合恵の変化は心だけではなく、以前出なかった母乳が出るようになったりと体まで変化し、それはまるで異形のための母体に作り変わっていくかのようだった…

今日も異形に乳房をしゃぶられる百合恵。

乳房をしゃぶる異形の姿を愛おしそうに見つめる百合恵。

異形の触手がビクビク動き始めたのを見て、

「あらあら…いけない子♪そっちでもお母さんが欲しいのね?」

「いいのよ。この体はもうあなたのためのモノなんだから…」

と異形に対する対応も以前とはまったく変わり、まるで愛する我が子に接しているかのようだった。

そして、この日も数時間に渡り異形の触手で膣内を貪され続けるのであった…

バイト終了の時間になり、家に帰ろうと玄関へと向かう百合恵。

そんな百合恵にしがみついて離れない異形。

今日の異形はいつもと様子が違い、百合恵を離そうとしない。

さっきまで散々百合恵の膣内を貪っていたのに、また貪ろうと太い触手を百合恵のアソコにねじ込もうとしてくる…

神の乳母【5話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【5話】感想

夫が迎えに来て、ドア一枚越しで夫と会話する百合恵。

親しそうに夫と話す百合恵に嫉妬した異形が、まるで百合恵はおれのモノだと言わんばかりに激しく攻め立てます!

ドアの向こうにいる百合恵の夫に、百合恵の喘ぎ声を聞かせてやろうと言わんばかりに、百合恵を激しく攻め立てる異形。

あまりの激しさに思わずはしたない声を漏らしてしまう百合恵の姿は興奮します。

神の乳母【5話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用