神の乳母【6話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

【6話】はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~【6話】

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【6話】あらすじ

6話.「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

異形(神様)は百合恵の母乳を飲んでさらに成長し、今では成人男性よりも大きな体に成長していた。

裸で畳の上に四つん這いになり、異形に向かってお尻を突き出す異形を誘惑する百合恵。

「いい子ね…こっちよ♪あなたの逞しいものを…私の中に挿れて♪」

百合恵がそう言うと、後ろから大きな体をして異形がぬぅ…と迫ってくる。

かつてへその緒だった異形の触手は成長し形を変え、今では雄々しい「男性器」となって股間で勃起していた。

今日は始めて成人した異形と「性交」を行う日で、目の前では神守さんが見守っていた。

百合恵のアソコの臭を嗅ぎ興奮状態の異形が、

「マ゛…マ゛…」

と気持りわるい声で迫ってくる。

そしてその巨大なペニスを百合恵の小さなアソコにズプッと奥まで突っ込んでくる。

「ひぐっ!!ああああ゛ーーー!!!」

異形の硬く巨大なペニスを膣奥深くまで挿れられ、動物のようなはしたない悲鳴を上げる百合恵。

興奮状態の異形はさらに激しく腰を振り出し…

神の乳母【6話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【6話】感想

異形(神様)がめちゃくちゃでかくなってるw

まるで相撲取りのような異形に迫られ、侵される人妻。

成長した異形の巨大なペ○スを受け入れ、またはしたない声を上げて絶頂しちゃってます。

異形と性交を終えた百合恵は、「たくさん気持ちよくしてもらったのだから、女性としての義務を果たさないと…」そう言って異形のぶっといペニスを口で掃除し始めます。

神の乳母6話では、女として異形に奉仕する百合恵の姿見れます。

やっぱりこの人妻エロい…

神の乳母【6話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用