神の乳母【7話】あらすじ・感想

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

【7話】はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~【7話】

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【7話】あらすじ

7話.「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる

畳に布団を敷き、仰向けになり異形の巨大なペ○スを受け入れる百合恵。

異形のことが愛おしくてしょうがない百合恵は、自ら異形の醜い唇にキスをし舌を絡める。

部屋にチュパチュパと異形と百合恵の唾液が絡む音が響き渡る…

異形の馬のようなペ○スを奥まで挿れられ、

「お腹がおちん○んでいっぱいになって…妊娠しているみたい♪」

と嬉しそうに呟く百合恵。

百合恵とのキスに夢中なのか、動かない異形を見て、

「我慢しなくていいのよ♪私の胎内はあなたのものなんだから…」

百合恵がそう言うと、突然激しく腰を振り始める異形。

異形のペニスで子宮をグリグリと突かれ、悲鳴のような声を上げる百合恵。

「あぐっ…アッ!ひぅっ!!」

「すごい…逞しすぎて…ママ壊れちゃう!」

「ダメなママをお仕置きしてぇー!!」

いつもと違い、自ら卑猥な言葉を発する百合恵。

百合恵の言葉に反応して異形は……

神の乳母【7話】
↓続きはコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母【7話】感想

異形と初めて性交をしてからというもの、毎日異形と交尾をする人妻。

異形の巨大なペ○スで子宮をガンガン突かれ、毎日イキまくりです。

そしてその後はたっぷりと異形の精子を子宮に直接注ぎ込まれます。

もう完全に異形に身も心も奪われてしまった人妻は、旦那のことより異形のことが愛おしくてたまらない様子です。

神の乳母はこの7話で最終回になりますが、最後には思いもよらぬ真実が明らかになります。

神の乳母【7話】
↓本編はコチラ↓

BookLiveコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用